スライドショーには JavaScript が必要です。

天然だしと塩梅のよさがどんぶりの魅力

壬屋は県道46号線のロードサイドにあるごく普通の佇まいの定食屋だ。しかし、その外観からはかけ離れた極上のどんぶりを提供してくれる。化学調味料を使わず天然だしにこだわった出汁(店主確認済み)は、後味がすっきりとしており甘さ控えめで塩気も甘みもすっと抜ける非常に塩梅の良い仕上がりになっている。

少しでも料理をする人ならば分かるかと思うが、化学調味料を使わずに丁度良い仕上がりにするのは意外と難しい。どうしても旨みよりも塩気や甘みがたってしまうからだ。

濃い味が好きな人も、薄味が好きな人にとっても美味しいと感じる塩梅の良さがこのどんぶりの魅力といえるだろう。

丼の美味しさを支える米の魅力

どんぶりといえば掻き込むように食べるのが作法だと思っていたが、ここの丼を食べるときは自然とよく噛んで食べてしまう。

米の弾力が心地よく、半熟卵と絡み合う瞬間がたまらなく美味いのだ。
しかしながらそれほど高級な米を使っているわけではないという。

確かに高級な米を使っていたら800円なんて価格では出せないだろう。
素材に妥協できない部分もあるがこだわりすぎず、ひとつひとつを丁寧に料理することで極上の味を醸し出している。

壬屋の店舗情報

めし処 壬屋

夜総合点★★★☆☆ 3.8

昼総合点★★★☆☆ 3.8

関連ランキング:定食・食堂 | 門沢橋駅

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう