26日のニューヨーク原油市場は産油国が協調して減産していることに加えて北アフリカのリビアでパイプラインが爆破され原油の供給に影響が及ぶことへの懸念から先物価格は一時1バレル=60ドルを突破しおよそ2年半ぶりの高値をつけました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう