強い冬型の気圧配置の影響で、北日本や日本海側では27日も風が強く、ところによって猛吹雪となっています。北日本と北陸では28日にかけて荒れた天気が続き、雪の量も増える見込みで、気象庁は、猛吹雪や吹きだまりによる交通への影響などに警戒するよう呼びかけています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう