畳表替え
畳表替えとは、畳の土台(畳床)をそのままに表面を覆うイグサと畳縁を取り替える作業になります。

「モッタイナイ」という言葉が世界的にも有名になりましたが、日本文化では古来より障子や、フスマ、そして畳など住居にもこの「モッタイナイ」精神が活きています。

 

表替えの時期は?

一般的には、裏返しは3年。表替えは5年。新畳は10年と言われています。

畳表の破れを放置しますと、畳床に汚れや、カビなどが侵食してしまい畳床全体を交換する必要が出てくる場合がありますので敗れた畳表などは早めの表替えをオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう