東日本大震災からまもなく7年になる中、震災が起きたあとに生まれた子どもたちに落ち着かない様子などが見られるという指摘があるため、被災地で心のケアに取り組む研究グループが、岩手、宮城、福島の3県で大規模な調査を実施することになりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう